Kappa Infinito
お問い合わせKUNITEC top
 

Ideal Tuning

Ideal Recording

Ideal Live

Sound Brista

音楽再生に必要なきれいな電源を使う

ハイレゾやCD音源本来の音を聴く

アナログレコード本来のオトを聴く

テレビの音を改善する

CD再生を極める

タイムドメインスピーカー雑司が谷試聴室

カッパー・インフィニート・オンラインショップ

Sound Brista:理想の「オト」を提案するサウンドバリスタ

テレビの音を改善する

テレビはフルハイビジョンの液晶テレビから、4Kテレビ、有機ELテレビと着実に進化してきました。

でも、どうも納得できない人も多いのではないでしょうか?

その理由、実は音がどんどん退化しているからなんです!

というのも、テレビが進化する程薄い画面になってきており、従来理論のスピーカーでは、音色を作るボックス容積がどんどん減っていて、音が劣化している状況です。

それをごまかそうと、予めエフェクターやイコライザーで補正しているものもありますが、イコライザーをかけると音源自体が歪んだり、潰れたりしてしまうため、化学調味料だらけの音を聴いているようなものです。

メーカーはごまかしているつもりかもしれませんが、この劣化した音を直感的に不満に思う人も多いと思います。

そんな最近の薄型テレビの音をどうしたら、改善できるのか?

イヤホン端子から拾った音では、予めイコライザーがかかって劣化していたり、イヤホン回路自体がコストダウンされていて、あまり改善にはなりません。

唯一の道は、大抵の薄型テレビに装備されているデジタル音声出力を使う方法です。

テレビ放送でもブルーレイでも、テレビまでは音声がデジタルデータで来ていますから、そのデジタルデータを変換するDACを替えてやることで、テレビの呪縛から音が自由になります。

良質のDACを使えば、テレビの音よりは良くなるでしょうけど、タイムドメインスピーカーならNOSDACを使いたいところ!

NOSとは"Non Over Sampling"の略称で、デジタルデータを処理する時に滑らか処理をしない方式のDAC(デジタル・アナログ・コンバーター)です。

世の中のほとんどのDACはOver Sampling処理をして、音を変換していますが、滑らかにするということは細かい情報は平均化されてしまいます。この処理で失った情報は、箱を響かせるスピーカーでは気付きませんが、音を加えないタイムドメインスピーカーでは音質の違いがわかってしまいます。

DACにおいても

「何もたさない、何も引かない」

NOSDACが一番良い音が望めます。

TVの音をNOSDACで聴ける”Kappa InfinitoTV-NOS1”

市販品がほとんどないNOSDACモデル。しかも、テレビの音に使用するとなれば、音量はリモコン操作がしたいところです。

そこで、カッパー・インフィニートが独自に企画/製品化したのが、

”Kappa Infinito TV-NOS1"

カッパー・インフィニート TV-NOS1TV-NOS1は、フィリップ社製のNOSDACチップ"TDA1543"をシングル搭載。それはパラレル配置したときの僅かなブレ(チップの公差)を嫌ってのことです。折角ピュアな音を楽しむためのDACですから、こだわりたいところです。

ただ、シングルのTDA1543ではパワー不足なのも事実。そこで特別に開発協力をいただいたカレントミラー回路により、シングルでも力強いNOSDACを実現しました。

NOSDACで生成する音は、途中で何も間引かない100%の音。その音量をコントロールするために、アナログボリューム(アッテネーター)を搭載しています。さらにそのボリュームをモーター駆動することで、席を立たずともリモコン操作で音量調節が可能です。

カッパー・インフィニート TV-NOS1リモコン部には、これも特別に開発協力をいただいた逆学習リモコンを採用。NECフォーマットを採用している東芝/日立/パイオニア/LG/サンヨーなどのリモコン信号で動作します。これ以外のメーカーでもビデオリモコンや汎用リモコンのテレビボタン部分はメーカーを変えられるので、余ったリモコンを活用してTV-NOS1を操作していただけます。

TV-NOS1の入力は、光デジタル入力/同軸デジタル入力/アナログライン入力の3系統を搭載。テレビの光デジタル入力の他に、CDプレーヤー等の同軸デジタル出力にも対応し、NOSDACの音をリモコン操作で使えます。

また、アナログライン入力では、iPhone/iPod/CDプレーヤー/ラジオなどステレオミニケーブルで何でもつないでタイムドメインスピーカーから聴くことができます。ただし、このパターンではNOSDACの音ではなく、それぞれの機器の音をリモコンボリュームで使えるということになります。

もしiFi-Audio micro iDSD/DAC2等の出力を接続すれば、DSDやNOSDCの音量をリモコン操作すると言った使い方も可能です。

ただし、TV-NOS1は少量限定生産品となります。売り切れ時はご容赦ください。

逆学習リモコンボリューム搭載のNOSDAC!
Kappa Infinito TV-NOS1

数に限りがありますので、購入希望の方は、下記リンクからお問い合わせください。

カッパー・インフィニート TV-NOS1 Kappa Infinito TV-NOS1

【商品内容】
Kappa Infinito TV-NOS1、ACアダプター、光ケーブル、推奨ステレオミニケーブル、ステレオミニダミープラグ

【Kappa Infinito TV-NOS1の主な仕様】
●フォーマットサポート: PCM(176.4/96/88.2/48/44.1kHz)
●DACチップ: Philips TDA1543(NOSDAC)
●デジタル入力: SPDIF 光デジタル入力、同軸デジタル入力
●アナログ入力: 3.5mmステレオミニ
●アナログ出力: 3.5mmステレオミニ
●アテネッター:アルプス電気製モーター駆動アナログボリューム
●リモコン学習機能: 電源オン後5秒間のみリモコンメーカーを記憶、書き換え回数制限なし
●電源:ACアダプター
●消費電力:
  最大  3.5W以下(モーター駆動時)
  通常イルミネーションランプ点灯時 約2.4W
  通常イルミネーションランプ消灯時 約1.6W
●寸法: 幅152 × 奥行212×高さ28 mm
●重さ: 約650g (本体のみ)

ページ先頭へ戻る△

 

Youtube

FaceBook

Twitter

Copylight (C) 2000-2018 KUNITEC Ltd. All Right
耳より情報!!